造形作家ピヨノメこと塩野目南帆による制作プロジェクト。

アクセサリーやフェイクスイーツ、ミニチュアなど幅広く手がけ、イベント出展やオンライン販売や受注制作等、精力的に活動中。

プロフィール

ピヨノメ/塩野目 南帆
1994年5月2日生まれ
東京都出身
注文家具を製作する木工所を営む家に生まれ、幼い頃から図画工作やものづくりに強い関心を持つ。
服飾関係に色濃い大学時代を過ごした影響で、アメリカやヨーロッパの古着にも興味を持っている。

2008年 中学2年生の時に洋菓子を樹脂粘土で忠実に再現するクラフト「フェイクスイーツ」に出会い、製作活動が生活の一部となる。



2013年 文化学園大学造形学部 生活造形学科に入学
1~2年次はグラフィックデザインから彫刻まで、幅広い表現技法の基礎を学ぶ。



2015年 同大学同学部のアートワークコースに進級。
絵画/彫刻へと分野を絞り、更に学びを深めていく。
また、この年の5月と11月はデザインフェスタに出展。

2017年 卒業制作「隠居」で初のミニチュア作品を製作。優秀作品に選出される。

2018年 現在の屋号である「ピヨノメ造形舎」を創設。就職でつまずくも、製作活動は続ける。

2019年 再び就労でつまずき精神的に不安定な時期を過ごすが、秋頃から立て続けに良縁に恵まれ、作品がTwitterで8万いいね!を獲得するなど躍進を遂げ、メディアにも複数取り上げられる。
それを機に自身の初個展「これ全部食べられま展」を開催。3日間で推定100人程度の来場者を集めた。


2020年 第4回PADICOクリエイティブアワードにてブロンズ賞を受賞

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。